働く千絵さんの低空飛行

都内に暮らす千絵さんは55歳。2020年秋に軽度認知障害(MCI)と診断された後、あるオフィスに就職します。同僚は千絵さんのMCIを知りません。さあ、離陸です。「あれ、何階に行けばいい?」「あの人は誰?」。次々と航路に現れる「障害物」。果たして千絵さん号のフライトは…

vol. 1

初めまして、飯田千絵と申します

こんにちは。このコラムを担当します飯田千絵と申します。名前は仮名です。都内の、とあるオフィスで働き、とあるマンションに2羽のインコと暮らしています。いま55歳で、おととしの秋にアルツハイマー型認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)と診断されました。その2年くらい前から不調を感じ、一度は「うつ状態」と診断されて薬を飲んだり、整形外科や婦人科にも行ってみたりと、確定診断まで紆余曲折をたどりました。
  
職場や自宅マンションの階数がわからなくなる、料理中であることを忘れて寝てしまい、翌朝キッチンで「これなんだろう?」と戸惑う……。こうした不安が増すなかで「認知症ではないか」と私なりに推測して医師にも訴えたのですが、「お疲れなだけです。認知症の人はそんなにしっかりしゃべれませんから」と一蹴されました。
  
複数の病院をまわり、1年ほどかけて認知症という診断にたどり着いたときには「やっぱり」と、ほっとする気持ちと同時に、「認知症の人って、これからどうやって働いていけばいいの?」という疑問が沸き上がりました。私にとって働くことは、とても大切なことです。「うつ」と診断された当時の派遣先を辞めるときも、本当は何とかして働きつづけたかった。
   
生活の糧を得る手段でもありますし、人と一緒に共同作業をすることが好きなのです。抗うつ剤が体に合わず、毎朝ベッドから出ることすら辛くても、「早く仕事に戻りたい」という気持ちを持ち続けていました。その思いこそが、心身の「どん底」状態から私が這い上がる原動力になったと思います。
   
このコラムは、そんな私がいま、都内のオフィスで毎日どのように働いているのかを、お伝えしていきます。どんな工夫をしているかできるだけ具体的に、便利なお薦めツールなどと一緒にご紹介します。そして、コラムのタイトルにもなっている「低空飛行」というキーワード、私が働く上での心構えのようなことついてもお話ししていきます。