認知症とともに生きる
暮らしの知恵を
募集しています

知恵を見る

山口 府胖

ヤマグチ モトヒロ

年齢:

77歳 (2019年7月インタビュー時点)

性別:

男性

生年月日:

昭和16年2月26日

居住地:

東京都町田市

同居家族:

娘夫婦2人・孫2人の5人暮らし

職業:

元テレビ局のカメラマン/元飲食店経営職

診断名:

アルツハイマー型

要介護度?介護保険制度において、心身の状況に応じて判定される介護の必要度。なんらかの社会的支援を要する要支援(1・2)、部分的(要介護1)から最重度(要介護5)の介護を要する要介護の段階がある。:

要介護1 (2018年5月時点)

介護保険サービス利用:

週に4回デイサービス利用

これまでのあゆみ

2015年(74歳)

テレビ局のカメラマンを退職後、飲食店3店舗を10年間経営し引退

2015年(74歳)

妻が死去
認知症の症状が見られ始める
お金がなくなったと思ったが自分が使っていたことが後でわかる

診断

2017年(75歳)

認知症の診断を受ける
娘夫婦・孫と暮らし始める

2018年(76歳)

介護保険の認定を受け、デイに通い始める

人生・生活の喜び

1

発症前後で変わらない喜び

お客さんがお好み焼きを喜んでくれて、お客さんが遊びに来てくれる

2

発症前後で変わらない喜び

お好み焼きを作ってあげること

3

発症前後で変わらない喜び

グルメ、食事が好き

今後やってみたいこと

お好み焼きの店舗を独立させてあげること。BLGのみんなにお好み焼きを作ってあげること。BLGで働かせてもらうこと

生活課題

財布

持ち物

喜び

2

喜び

1 3

心身機能障害

社会へのメッセージ

自分は自分。働いている人が自分の意志を継いでくれたらと思います。弟子がやりたいということをやらせてあげること。信念持って仕事にあたるべきだと思います。
BLGは神経を使わなくて、みんな平等で楽しいです。ここで働かせてもらって、いろいろ勉強になっています。
あんまり難しく考えておらず、現在のままで暮らしていけたらいいなと思っています。