認知症とともに生きる
暮らしの知恵を
募集しています

知恵を見る

村山明夫

むらやまあきお

年齢:

67歳 (2019年7月インタビュー時点)

性別:

男性

生年月日:

昭和26年2月7日

居住地:

東京都町田市

同居家族:

妻と2人暮らし

職業:

元ゴルフ場の自動計算機器の機器営業担当

発症年齢:

58歳頃

診断年齢:

58歳

診断名:

アルツハイマー型

要介護度?介護保険制度において、心身の状況に応じて判定される介護の必要度。なんらかの社会的支援を要する要支援(1・2)、部分的(要介護1)から最重度(要介護5)の介護を要する要介護の段階がある。:

要介護3 (2019年7月時点)

介護保険サービス利用:

週に5回デイサービス利用

これまでのあゆみ

診断

2009年(58,59歳頃)

認知症の診断を受ける
会社から「これ以上はちょっと無理だね」と言われる
自分としては認知症の診断をそれほど気にしていない

2010年(60歳手前)

会社を退職する

2011年(60歳)

大手のデイサービス(お風呂付)に通い始める

2012年(61歳)

BLGに通い始める。ここでは暦が長く、みんなで笑い合っている。仲間と一緒にいてとても楽しい

人生・生活の喜び

1

発症前後で変わらない喜び

家族との旅行

2

発症前後で変わらない喜び

自分で歩くこと(後でおいしいビールが飲めるから)

3

発症前後で変わらない喜び

デイサービスで仲間と冗談を言い合って笑い合うこと

今後やってみたいこと

海外旅行。またイタリア、フランスに行きたい。

生活課題

心身機能障害

社会へのメッセージ

地域の人たちが幸せになればいいなあ。