認知症とともに生きる
暮らしの知恵を
募集しています

知恵を見る

鳥飼 昭喜

トリカイ アキヨシ

年齢:

76歳 (2019年7月インタビュー時点)

性別:

男性

生年月日:

昭和18年6月11日

居住地:

東京都町田市

同居家族:

妻と2人暮らし

職業:

元電機会社の複写機設計技士

発症年齢:

35歳頃

診断名:

脳血管性型

要介護度?介護保険制度において、心身の状況に応じて判定される介護の必要度。なんらかの社会的支援を要する要支援(1・2)、部分的(要介護1)から最重度(要介護5)の介護を要する要介護の段階がある。:

要介護3 (2019年3月時点)

介護保険サービス利用:

週2回デイサービス利用/たまにショートステイ利用

当事者同士の集まり頻度:

デイ施設長と講演に行ったりする

これまでのあゆみ

1978年(35,36歳)

子供を公園に忘れて1人で帰宅した。俺1人で公園に行った、と妻に言う

1983年(40歳)

クモ膜下出血を発症し、病院に入院 
退院後、総務に移動。定年まで勤め上げる。
認知機能の低下が見られる。クモ膜下出血で悪化したのではないか

1993年(50歳)

ショートステイできる施設に泊まりに行き始める

診断

2013年(70歳)

認知症の診断をもらう。
BLGに行き始める

2019年(76歳)

膝や腰の痛みもあるけれど、デイサービスでは同じような関係の人たちが来ていて、上も下もなく楽しんでいる

人生・生活の喜び

1

発症前後で変わらない喜び

BLGでみんなで話をすること

2

発症前後で変わらない喜び

温泉旅行

3

発症前後で変わらない喜び

奥さんとの早朝の散歩

今後やってみたいこと

BLGのリーダーをしてみたい。簡単ではない他の仕事もしてみたいので、できる仕事がこれから広がっていったらいいと思う。まだまだできることがあると自負している

生活課題

心身機能障害

社会へのメッセージ

認知症がわかって、会社では簡単な仕事に追いやられ、本当に辛かった。
家族の愛情。あの時それがあったから、少しずつ元気になっていった。
いろいろ俺を外へ連れ出してくれて、本当に感謝している。